元ひきこもりの社会不適応リーマン

元ひきこもりの半生や社会について 感じてきたことをありのまま書いています。たまに経済的自由、たまに雑感をありのままに。

経済的自由への道 PART1

この記事は半生を書いたものではなく、

 

これからの目標について、細々と書いていきます。笑

 

経済的自由に対する考え方や私自身が実際に実践した

 

または現時点で実践していること等も

 

書いていきたいと思っています。

 

 

それではそろそろ始めていきます。

 

 

f:id:motohikeryman:20200129200059p:plain

 

 

タイトルにあるようになぜ経済的自由を目指しているのか

 

そこから書いていきます。

 

私はとても貧乏な家庭で育ちました。

 

生活保護を受けるほどの貧乏です。

 

お金があれば・・・

 

少年時代に何度思ったことか。

 

そういった環境で育ったため、

 

また両親からもこれといった金融教育はなく

 

現在の言葉でいうと完全なる情報弱者であり、

 

無駄の塊でした。(過去系ですが、現在もです・・・)

 

また社会に対してうまく適応出来ていると

 

自分では思っていません。

 

さらには適応しているふりをしていると言われたことも。

 

また人間関係について、最近はほぼなくなってきましたが、

 

仕事もプライベートも悩みが絶えませんでした。

 

このままの生き方でいいのか。

 

普通であることが一番いいのではないか。

 

普通だと人とぶつかることもなく、

 

否定されることもない。

 

けど自分に嘘をついて生きていくのは嫌だ。

 

このジレンマに押しつぶされそうになった時に

 

YouTubeで両学長や園原夫婦さんの動画を見て

 

私が感じていた違和感が分かったような気がしました。

 

世間がいう『普通』とは何か。

 

自問自答する日々が続き、

 

自分の持っている感性、性格が嫌になった時期もありましたが、

 

 

世間が言う『普通』がたまらなく嫌なんです。

 

世間と同じように『普通』に生きていると

 

『普通』の人生しか生きられない。

 

自由に生きていいんだと。

 

自分の感じていた違和感はやっぱり正しかったのだと。

 

我慢したい人はすればいいとし、

 

我慢したくない人は我慢せず生きたいように

 

生きればいいのだと。

 

かといって私自身が現時点で我慢せずに生きているかというと

 

そんなことはなく、いまだにサラリーマンをしております。

 

しかし目標が出来たので、目標に向かうための

 

一つの手段としてサラリーマンを続けています。

 

サラリーマンより目標達成が早まると思えば

 

躊躇することなくサラリーマンを辞めて

 

すぐ行動に移ると思います。

 

目標とは何か?

 

これが本題ですが、

 

 

1.経済的自由を達成すること

 

2.精神的自由を達成すること

 

3.周りの人たちを幸せにすること

 

 

現代社会ではこのようなことを言うと

 

『世間を知らない』

 

『甘すぎる』

 

『そんなの無理だから』

 

こういった意見はめんどくさいので無視します。

 

自分の生き方は自分で決めます。

 

 

 

つづく