元ひきこもりの社会不適応リーマン

元ひきこもりの半生や社会について 感じてきたことをありのまま書いています。たまに経済的自由、たまに雑感をありのままに。

ひきこもり編 第14話 『経験の差』

皆様お元気でしょうか。

日本ブログ村に登録してから

アクセス数が倍以上に増えていて

やる気マックス オリックスです。笑

実はアクセス数アップに伴って

はてなPROに変更して、

さらに独自ドメインも取得しました。

最初の頃はアクセス数が0の日の方が

多かったのですが、徐々に増えてきて

下手なことは書けないなーと

改めて感じています。

もっと見ていただけるように

どんな感情でもいいので、

何かを感じていただけるように

記事を書いていきますので、

今後ともよろしくお願いします。

ではそろそろ始めていきたいと思います。

 

 

 

f:id:motohikeryman:20200704070246j:plain

 

※人物紹介

 

ヒッキー(私):脱ひきこもりしました。

        転職して運送会社の運転手を目指して

        アルバイトとして勤務

 

きい:女子高生

   北乃きい似なので名前はきいとする。

   ナンパのような形で

   行きつけの飲食店で番号を渡した。      

***************************************

 

思わぬ着信により慌てふためく自分。

寝転んでダラダラしながらテレビを

見ていたのが、なぜかピシっと正座で

電話をしています。

 

きい『もしもし』

 

ヒッキー『も、もしもし』

 

きい『電話番号渡されたから』

 

ヒッキー『あ、ありがとう』

 

きい『よく行くの?あのお店』

 

ヒッキー『え?あ、うん』

 

そこからは他愛のない会話でしたが

会話の主導権というか流れを

作っていたのはきいの方でした。

明らかに経験の差というか

男を知っているという印象を

受けました。

 

きい『てか何歳なの?』

 

ヒッキー『16だよ』

 

きい『は?タメ?』

 

ヒッキー『え?16なの?』

 

きい『そうだよ。年上かと思ってた』

 

ヒッキー『そうなんだ

     作業着を着てたからかもね』

 

きい『そうかも』

 

さらに他愛のない会話をまた10分ほど。

 

きい『普段何して遊んでいるの?』

 

ヒッキー『友達とバイクで遊んだり

       先輩に飲みに行ったり』

 

本当は友達ではなく同僚でしたが、

友達がいないことの後ろめたさというか

恥ずかしさみたいなものと

きいよりも他の経験をしているぞと

虚栄心みたいなものが混ざりあって、

 さらに女性経験が無いのが

バレるのが嫌で

多少話を盛って話をします。

 

きい『そうなんだ。

   彼女とかはいるの?』

 

ヒッキー『いないよ。いるの?』

 

きい『ううん。いないよ』

 

ここで心の中でガッツポーズしました。

 

そこからさらに他愛のない会話。

会話にも慣れてきたので

ここで一歩踏み込んで話を

してみようかと思い、

 

ヒッキー『なんで電話くれたの?』

 

きい『え?あ、その』

 

明らかに動揺していました。

それ以上は聞きませんでしたが、

好意を持たれているのかの判断は

つきませんでした。

ちょっとした間というか

変な感じになったので、

もう少し勇気を振り絞って

 

ヒッキー『あ、あのアドレス教えて?』

 

きい『いいよ』

 

メールアドレスを聞くことができたので、

一気に達成感がでてきました。

その後も他愛のない会話が続きました。

 

ヒッキー『お情けでも電話くれて

     嬉しかったよ』

 

きい『・・・うん』

 

そして

きい『そろそろ切るね』

 

ヒッキー『わかった』

 

きい『じゃーね』

 

ヒッキー『またね』

 

電話を切りました。

テンションというか達成感というか

感情が込み上げてきます。

女の子としかも可愛い子と

こんなに話せたと。

 

しかし冷静になって会話を

振り返るとそのテンションは

見事に崩れ去ってしまいました。

なぜ電話をくれたのかを

考えると自分に興味が

あったからであって、

決してお情けではなく、

言葉のチョイスも間違いです。

また遊びに誘ってほしいという

雰囲気が会話の節々に出ていましたが

見事に全スルー。

 

自己嫌悪に陥りながら

最後の勇気を振り絞って、

 

『今度遊びにいこう』

 

とメールしました。

返信はいつまで経っても

きませんでした。

 

つづく

 

【あとがき】

これは完全に自分のせいです。笑

今考えると間違いなく好意を

持って連絡をくれたと思います。

電話でストレートに遊びに行こうと

誘っておけばデートくらいは

出来たんじゃないかなと。

経験の差というか女性の扱いが

ダメダメな少年ですね(今もですが)笑