元ひきこもりの社会不適応リーマン

元ひきこもりの半生や社会について 感じてきたことをありのまま書いています。たまに経済的自由、たまに雑感をありのままに。

少年期編 第19話 『徐々に高まる不信感』

皆様お元気でしょうか。

 

花粉症シーズン真っ只中ですが、

 

まだマスクなしでアレグラのみで

 

対処できております。

 

 

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

  • 発売日: 2012/11/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

減感作療法ってすごいですね。

 

 

花粉症が苦しいひとはやったほうが

 

いいと思います。

 

コーヒーも割と花粉症に効くみたいなので、

 

好きな方はバンバン飲みましょう。笑

 

 

 

 

さてそろそろ始めていきたいと思います。

 

 

f:id:motohikeryman:20200301093204p:plain


 

 

※人物紹介

 

1年生グループ

ヒッキー(私):無鉄砲でアホな少年

友人A:小中学校が一緒 

友人B:〃 1つ上に兄がいる

友人C:〃  3年生のグループと小学校から仲良し

 

2年生グループ

D君:2年のヤンキーグループの主要メンバー

B兄君:Bの兄 2年の中で一番仲が良かった

E君:A君の幼馴染らしい 優しい人

 

3年生のグループ

X先輩:3年の中では常識人

Y先輩:シンナー中毒 無茶苦茶な人

Z先輩:怖いけどおそらく一番優しい

 

最悪な出来事を乗り越えてから数日後、

 

ヒッキー『E君おはよう』

 

E君『・・・』

 

ヒッキー『え?なんで無視するの?』

 

E君はそのまま無視してどこかへ行きました。

 

何か悪いことしたっけな?と

 

考えていましたが、思い当たるフシは

 

ありません。

 

無視された件をB兄君へ話すと、

 

B兄君『Eが最近仲間外れになってる』

 

ヒッキー『確かにE君と遊んでないね』

 

E君とはD君つながりで

 

夏休みあたりから遊んでいましたが、

 

最近はD君と遊ぶこともなく

 

私たち1年生もしばらく遊んでいませんでした。

 

ヒッキー『喧嘩でもしたの?』

 

B兄君『理由はわかんない』

 

ヒッキー『え?俺ら避けられてるよ?』

 

B兄君『Dが遊ぶなって言ってるから』

 

ヒッキー『俺ら聞いてないけど』

 

と話していると

 

D君『Eと遊ぶなよ。あいつダメだから

    遊ぶなら俺らと関わんなよ』

 

ヒッキー『なんかあったの?』

 

D君『とにかく遊ぶなよ』

 

何か言えない理由でもあるのかと思って、

 

聞いてみましたが、はっきりとしません。

 

D君がその場から離れた後で

 

B兄君やD君の同級生に聞いてみると

 

E君には彼女がいたのですが、

 

D君が奪い取ったらしいのです。

 

それでもE君が許してなんとか友達として

 

D君と遊んでいたが、二人が仲良くなることを

 

彼女がそれを嫌がったのが原因ということ。

 

徐々に不信感というか

 

このまま一緒に遊んでいて大丈夫かなと

 

思い始めていましたが、やはり仲間はずれが

 

怖くて自分の意見を言えずにずるずると

 

流されていくことになります。

 

  

つづく