元ひきこもりの社会不適応リーマン

元ひきこもりの半生や社会について 感じてきたことをありのまま書いています。たまに経済的自由、たまに雑感をありのままに。

ひきこもり編 第3話 『無力・・・』

皆様お元気でしょうか。

 

世間では自粛、外出禁止と嫌なニュースで

 

溢れています。

 

気持ちも自然と落ち込み、なんとなく社会全体が

 

暗い雰囲気ですが、

 

そういう時こそ明るく前向きに進んでいきましょう。

 

まずはテレビを消し、

 

出来る範囲で運動を心がけましょう。

 

テレビは不安を煽るので、極力見ない。

 

これが良いと私は思います。

 

ニュースの情報はテレビだけではありません。

 

スマホやPCでいくらでも出てきます。

 

またニュースの裏側を読み取るよう注意深く

 

観察してみてください。

 

このニュースで誰が得をして

 

誰が損をするのか。

 

辛い状況ですが、

 

必要以上に不安にならず、冷静に行動すること。

 

人を傷つけるような言動、行動はしない。

 

発信される情報を疑え。

 

この3つを常に考えて行動していきます。

 

 

ペスト (新潮文庫)

ペスト (新潮文庫)

  • 作者:カミュ
  • 発売日: 1969/10/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

さてそろそろ始めていきたいと思います。

 

 

f:id:motohikeryman:20200418134026p:plain



 

 

※人物紹介

 

ヒッキー(私):引きこもり歴1年半を突破

       

***************************************

 

引きこもりを始めて1年と半年・・・

 

精神的に落ち着くまで半年ほど

 

掛かりました。

 

そして親戚へ事の真相を相談し、

 

先輩達と親戚で話してもらいました。

 

結果、電話にて先輩達から

 

謝罪がありました。

 

人生で初めて心の底から

 

自分ことが不甲斐ない

 

口だけの覚悟のない人間だと

 

自覚しました。

 

ここから自分を変えなければ

 

また同じようなことになると

 

あっけなくもあり、悩んでいた時間が

 

とても無駄に感じましたが、

 

全て自分の選択なので、

 

攻めるべきは自分です。

 

そして自分で解決できないことは

 

周りの人へ助けを求めることは

 

決して恥ずかしいことではないと

 

心に刻んだ日でした。

 

そして3日後には実家を出て

 

親戚の家で再出発することが決まりました。

 

社会復帰への第一歩です。

 

つづく