元ひきこもりの社会不適応リーマン

元ひきこもりの半生や社会について 感じてきたことをありのまま書いています。たまに経済的自由、たまに雑感をありのままに。

ひきこもり編 第7話 『欲張り』

皆様お元気でしょうか。

 

緊急事態宣言も一部を除き

解除されてきましたね。

 

やっと普段通りの生活が戻ってきたと

 

思っている方がいると思いますが、

 

おそらく戻ることはないです。

 

何とも言い表せないですし、

 

完全なる私の直感です。笑

 

なので根拠はないですが、

 

そんな予感がします。

 

未来に悲観はしていませんが、

 

これからおそらく格差が拡大していくことは

 

確実だと思います。

 

経済的にもそうですし、

 

情報もです。

 

金銭ももちろん重要ですが、

 

これから必要なのは情報だと思っています。

 

情報に踊らされてパニックになる人。

 

情報を意図的に改変しパニックを起こす人。

 

情報を精査して冷静に対処する人。

 

情報を精査し、真実を伝える人。

 

私は後者でありたいです。

 

ではそろそろ始めていきたいと思います。

 

 

f:id:motohikeryman:20200524130841p:plain

 

※人物紹介

 

ヒッキー(私):引きこもり歴1年半を突破したが

       社会復帰を目指し奮闘中

叔父:30半ば 昔ながらのおやじ

       

***************************************

 

昨日の同年代との日給を聞くと

 

汗をかいて自分なりに楽しく

 

やりがいまで感じていた仕事に

 

疑問を感じるようになりました。

 

なぜ日給がそんなに違うのか?

 

会社のせいなのか?

 

自分のせいなのか?

 

グルグルと頭の中を回っています。

 

ある時、建築現場で同業者の方と

 

話す機会がありました。

 

その方は20代半ばほどでしたが、

 

また以前と同じような会話になりました。

 

同業者『いくら貰ってるの?』

 

ヒッキー『・・・5000円です』

 

同業者『え?安くない?』

 

同業者『俺も中学卒業したばっかで

 働きだしたけど、それ安すぎ(笑)』

 

ヒッキー『・・・』

 

同業者『うちくる?』

 

現場も業者も職種も違えど

 

こういった会話は結構な割合でありました。

 

若いので話しかけ易かったのもあると

 

思いますし、切実な人材不足なのも

 

あったと思いますが、

 

そういった給与の話や、スカウトを

 

受ける度にどんどんやる気がなくなりました。

 

同じことを同じ時間働いて給与が違うのは

 

おかしいという思考が態度にも出てきます。

 

返事もろくにせず、

 

やる気のなさそうに動く。

 

ついに社長に怒られました。

 

社長『いいかげんにしろ』

 

ヒッキー『・・・』

 

社長『お前は何様だ。もういい帰れ』

 

ヒッキー『・・・』

 

無言で家に帰りました。

 

そして次の日から仕事には行きませんでした。

 

むしろ仕事に行く気はありませんでした。

 

しかし辞めると社長には言い辛く、

 

どうしようかなと思っていたところ

 

母親から連絡がありました。

 

母親『社長さんから連絡あった』

 

ヒッキー『もうやめるわ』

 

母親『何かあった?』

 

ヒッキー『給料が安すぎる』

 

母親『あんたの年齢なら普通でしょ』

 

ヒッキー『同年代はもっと貰ってる。

     どにかく辞める』

 

母親『わかった。でもちゃんと社長さんに

   連絡しなさい』

 

ヒッキー『いや連絡しといて』

 

母親『・・・わかった』

 

自分で言うことが出来ず、

 

母親に言ってもらうという逃げです。

 

その後は家でまた半引きこもりのような

 

生活が始まりました。

 

すると待ってましたと言わんばかりに

 

叔父による言葉の暴力と人格否定が

 

始まりました。

 

仕事をしていた時も多少ありましたが、

 

辞めてからは顔を合わすたびに

 

何かに付けて言われました。

 

なので早く仕事を見つけて、

 

この家を出ることが目標になっていました。

 

そしてある求人誌に条件が合う求人がありました。

 

運送業のアルバイトでしたが、

 

時給も良く将来的には正社員にもなれると

 

書いてあったので、一目で決めました。

 

そしてすぐ連絡し、面接、その場で合格でした。

 

新しい職場で新しい職種、

 

給料もほぼ倍は貰えるのでウキウキでした。

 

この職場が後に引きこもりの更生に

 

繋がることになる重要なポイントでした。

 

つづく